紙袋は書類に合わせたA4サイズが一般的!用途に合わせてサイズを変更

一般的なA4サイズを選択して、素材やカラーで個性を表現

使い勝手の良いA4サイズ紙袋の特徴

A4サイズの紙袋は、カタログや書類を収納するのにピッタリ。大きすぎず、小さすぎず持ち運びに便利ですので、イベントや展示会で重宝されます。A4サイズのクリアファイルやフラットファイルなど、様々なタイプの資料をコンパクトに収納可能ですので広く用いられています。

紙袋を作る上で重視しておきたいポイント3つ

価格をできるだけ安くするには

制作会社にフルオーダーで発注すれば、プロが使ったデザイン性の高い紙袋を作ってもらえます。なるべく費用圧縮したいのであれば、セミオーダー方式を採用して、既製品として用意されている紙袋にデザイン指定をすると良いでしょう。

強度を確保することが重要!

オリジナルの紙袋は、指定する大きさや素材及び加工方法によって強度が変化しますので、どの程度の荷重に耐えるか一概に言えません。素材を選んだり、手提げ紐の取り付け方法を補強する等、工夫できますが、試作品でのテストは不可欠です。

素材選びは目的に合わせる!

紙袋の素材には、様々な種類があり光沢のがあり高級感があるものや、光沢なしで素朴でナチュラルな素材を、目的に合わせて選択します。収納や持ち運び易さ等、機能性に注目、さらには、宣伝効果を得るためのデザインも合わせて検討します。

紙袋は書類に合わせたA4サイズが一般的!用途に合わせてサイズを変更

婦人

企業の宣伝にも使える?紙袋の宣伝効果について

店舗で購入した際に商品を入れてくれる紙袋は、持ち運びに便利だけでなく宣伝効果がありますので、企業は機能性やデザイン性の両面から力を入れています。
便利な機能性を備えることで利用者が積極的に使ってくれますし、ブランディングが成功すれば、紙袋を欲しいという人までいます。

さまざま場所に運んでもらったり、自宅に持ち帰ることで、多くの人の目に止まる機会が増えますので、宣伝効果を得るためにもキャッチ-なデザインが求められます。購入者自身が広告媒体になってくれる効果が得られ、大きな宣伝効果が期待できるのが紙袋です。

低コストでも高いデザイン性を求めるには

専門性の高い業者であれば、フルオーダーで紙袋の制作を受注してくれます。お任せでデザイン性に優れた紙袋を作ってもらえるのは、とても魅力的ですが、よりコスト低減を求めるならば、セミオーダーでコストバランスを調整することが可能です。

業者があらかじめ用意している既製品の紙袋に対して、加工指定をすることで工数とコストを低減します。高品質でデザイン性に優れた紙袋を短納期で制作できるメリットがありますので、料金の圧縮とデザインにこだわる方はセミオーダーを上手に活用すると良いでしょう。

優秀な業者を見極めることが大切

紙袋を制作するにあたって、業者選びが大切です。どこを選択するか見ていくポイントとしては、自社工場を保有していて受注から制作までを一貫して実施できることが重要です。納入までに中間業者が介在しないので、余計なコストがかからず、その分、品質を高めたり価格を安く抑えることとが可能となるからです。

また、急な要求や小ロットでの制作に対応する機動力があると、大変便利です。サポート体制が充実している点もチェックしましょう。

一緒に読んでおきたい記事

婦人

紙袋は書類に合わせたA4サイズが一般的!用途に合わせてサイズを変更

紙袋は宣伝効果がありますので、自社の個性的なデザインを重視する会社が多くあります。業者にオーダーする上でで、注意すべきポイントをまとめています。コストパフォーマンスの良い紙袋を作るためには、優秀な業者を選定して依頼することが重要だからです。また、使い勝手が良いA4サイズの紙袋について、その特徴にも触れています。

READ MORE
広告募集中